スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

オープンβテストの意義

ゲーム開発の過程の中で、「一般の方々に協力して頂くテスト」というのがあります。

これはアーケードゲーム(ゲームセンターに置かれているゲーム)ならロケテストと呼ばれ、オンラインゲームではβテストという言葉でよく表されています。

これらのテストの目的は、主にゲームバランスの調整です。どちらかというとバグフィックスは目的としては若干弱かったりします(というかバグ出し、バグ潰しは常に行われている)。

さてオンラインゲームのβテストですが、オンラインゲームはその特性上「プラットフォームとネット環境があれば誰でも参加出来る」「修正パッチをダウンロード出来る」という、アーケードや家庭用ゲームでは出来なかった便利な機能を使う事が出来ます。
大人数(1000~10000人)が参加でき、ある程度バグが残っていても修正でき、バランスも随時調整できる。
家庭用ゲームでいう所のデバッガーを雇わないで済みますし、それ以上の人が集まります。
つまり経費削減にもなるんですね。

そんな中で、オープンβテストはクローズドα、βテストを乗り越えて来た事を踏まえ、ほぼ完成品という事で「お披露目」という役割も増えてきました。
そしてプレイヤー側もその様に認識しました。



つまりプレイヤーからすると
「オープンβテスト=お披露目=ほぼ完成品状態=買うか買わないかの判断材料」であると。



そしてその認識の下で、オープンβテスト参加者が面白いと判断したら皆宣伝するでしょうし、それが売り上げにつながる可能性もあります。
逆にオープンβテストがつまらなかったら「製品版もつまらん」という答えが出てきます。当然ながら。

非常に期待されている人気タイトルのシリーズ(丁度FF14がありますね)がつまらないコンテンツでオープンβを行ったら、期待を裏切られた訳ですから、その方々からβテストで見切られて、罵詈雑言浴びせられても仕方ないでしょう。

そんな状態で「今後色々実装します」と言っても、その新機能のテストは?有料プレイヤーにテストさせるんですか?という予測が安易にたつ訳です。
(FF14について一つだけ。なぜかオープンβテスターの意見窓口が無かった。どう考えてもテストとしておかしい。ストレステストという意見もあるが、そういうイベントも無かったし)

「金払ってない奴が文句言うな」っていうのは時代的にもう通用しないんですね。しかもその理屈だと、βが面白くても友達に勧めてはいけない、YouTubeやニコ動のオリジナル動画にもコメントしちゃいかん、って事にもなりますし。触ってないなら別ですけど。

そんな訳で、オープンβの意義は、今までの認識から、または会社と顧客の間でズレてきてるんじゃなかな、と思います。

ゲーム会社さんもその辺分かってる筈なんですけどねぇ。。。
まぁ会社経営は資金繰りや決算、株主関係など政治的な部分もありますからねぇ。。。

スポンサーサイト

2010.10.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

Ever Quest II Extendedを始めてみた

eq2x_title.jpg

あのEver Quest II (EQ2) にF2P(基本無料)バージョンが出来ました。Ever Quest II Extendedという名前です。EQ2Xと略すらしい。
昔EQ2をやってた者としてはちょっとやってみなけりゃね?って事で。あ、英語版しか無い様です。とにかく日本語版は今の所ありません。

ではスタートするまでの流れを。
始めるにはまずEver Quest II Extendedサイトでアカウント作成、またはダウンロードサイトからLauncherをダウンロード。このLauncherからもアカウントを作成出来るのでお好きな方を。
既にアカウントを持っていれば、ログインしてそのアカウントに登録って手もあります(ウチはこれでやった)。

ダウンロードは一瞬で終わります。起動も早いです。あれもう?って感じ。でローンチャーのスタートボタンを押しますが、そこからが長いw。
どうやらその時々のデータが必要になった時にその都度DL、インストールというか反映してる感じです。
と言う訳で(多分キャラクター作成の為のステージをダウンロードで)結構待たされた後に、ようやくキャラクター作成が始まります。

まずはクラスを選びます。EQ2はまず「アーキタイプ」という大まかに4つに区分けされたタイプ(ファイター、メイジ等)を選び、さらに特化したクラスを選びます。
今回はどれにしようかなーと思って色々見てみると、枠のついているのといないのとがある。。
(画像はMageのClass)
class.jpg

もしかしてコレは。。。と思ってクラスの詳細を見てみると次の一文が。。。

notice.jpg
「Illusionistのクラスは、購読アップグレードの一部か単にクラスを買収することによって、利用可能です。」(エキサイト翻訳)
だそうです。つまりクラスから制限あります。まあ基本無料ですからね、コレはしょうがないですな。
で結局、無料で選べるクラスは

Fighter:Guardian , Berserker
Priest : Templar , Inquisitor
Mage : Wizard , Warlock
Scout : Swashbuckler , Brigand

の各アーキタイプに2つ、合計8つです。Rangerも有料かー。

とりあえずSwashbucklerにして次へ。次は種族ですが。。。
<race.jpg

無料ではNeutralの4種族のみ!
(補足:「良い種族(good)と悪い種族(Evil)の対立」というのがEQ2の世界設定です。Neutralで始めてもいずれどちらにかに所属することになります)
あぁKerra選べないのかー。。まぁしょうがない。ここはHalf Elfにしてキャラクターメイキング。改良モデルの「Altanate Appearance」も使えます。

次はスタート地点ですが、以前やってた時は「難民の島(チュートリアル島)」から全員スタートするんですが、それは後々廃止されました。この島のBGMは「希望に満ちた旅立ち」って感じですごく好きだったんだけどなぁ。

(動画は5分以上ありますが曲は3分半ほどです。それ以降はなぜか無音)

今のバージョンでは、スタート地点を2つから選べる様です。
start.jpg
もしかしたらClassやRace次第で選べる所が変わるかもしれません(未確認)。
最後にサーバーを決めるんですが、「Freeport」サーバー一択でした。でOKを押してスタート!
。。。
。。

.

ステージをダウンロードしてるらしい。。。

また長い事待ってロード画面からゲーム画面に変わり、いざ始まった!と思ったら今度は操作を受け付けない。。。汗。それどころかインターフェースが出てこない。でもNPCは動いてるのでフリーズした訳でもないみたい。
しばらく待ってようやくインターフェースが現れ、操作出来る様に。

スタート直後は低スペックマシンユーザーへの配慮だろうと思いますが、グラフィック設定が最低になってる様で今時のマシンならさくさく動きます。気になる方は調整しましょう。かなり変わります。

調整を終えたら、いざ冒険へ出発!
。。。1時間くらいに一度「有料メンバーにアップグレードしませんか?」っていうダイアログが出ますが我慢して出発!

2010.10.01 | | Comments(6) | Trackback(0) | EverQuest 2

«  | HOME |  »

Favorite Music

 

Play

(pop-upで開きます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Asyl

  • Author:Asyl
  • Star Wars: The Old Republic
    やってますよー。
    Swiftsure,Rep側でっす。

    RSS

CalendArchive

ブログ内検索