スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

宇宙人は存在するか

ITメディアは最近色々なコラムがありますね。
宇宙人は存在するか? ~地球外知的生命体探査その2

と言う訳で、本をご紹介。
上のリンクで書かれてるコラムは多分コレを参考にしてます。

「広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由」


数学的に宇宙人がいる確率と、それを裏付ける為の物理的な考えをまとめた本です。


これはこれで置いといて、個人的にどうかなー、と妄想してみると。。






最初にNHKの「地球大進化」を紹介しとこうか。この辺りをソースに。。。




地球は出来てから46億年。そのうち生命が発生してから22億年くらい?
だけど進化と絶滅を繰り返してるので、はっきりとはわからないけども、最短で微生物から人間まで6億年かも?早すぎると思うけど勝手に推測。微生物が発生するまでの期間を22億年として28億年。

この28億年というのを宇宙規模で考えると。。

宇宙は生まれてから150億年なんだけども、「人間のような有機体」(なんせ地球上の生物しか知らないから、他に進化方法があるのかも分からない訳で、とりあえず人間のような作りの生命体って事で話を進めます)が生まれる為には酸素やいくつかの原子が必要なので、その原子が生まれて拡散、つまり恒星が爆発して散り散りにならないとスタート出来ない。てことでその為に適当だけど2~30億年を必要とすると120億年。

同時進行で、生物が生まれる環境になるまでを考えると。。。太陽がないといけないので、とりあえず太陽の年齢を調べてみると約50億歳だそうで。
でも太陽も恒星なので、宇宙が生まれてからほどなくして出来た恒星もある可能性がありますね。。
これも適当に120億としときますか。

太陽が出来てから地球が出来るまで約4億年と言う事なので、120億から引いて116億年。
116億年から28億年を引くと88億年。
つまり88億年前には知的生命体が出現した可能性が?すげー適当だけどw。

ただここまで考えても、結局フェルミのパラドックスにつまずくんですよねぇ。
つまり、88億年前から生命体がいたとして、それが更に進化して宇宙に進出してるとしても、地球にいる私らが全然感知出来ないし、コンタクト取ってこないのは何故よ?と。
ここで結局「あ~やっぱいないのかなぁ」と思っちゃいますよね。。。

でも逆に考えたら、神様が人間の為に宇宙を創造して下さったとしても、あまりに広すぎると思うのですよ。
単純に考えて、人類のほうが副産物で、真に宇宙が生まれた理由ってのは全く違うものでありそうで。でまぁ副産物だとしても、人類だけしか生まれてないってのはちょーっと考えにくいかなぁーと。
恒星だけで1000億個、その0.1%が地球のような生命発生可能な星だとしても1億あるんですから、そんな星で生命が生まれててもおかしくないと思うんですよ。

とりあえずこの辺に希望を持って宇宙人はいてほしい派を堅持しますよw。

科学は頭ごなしに否定で終わらせるモンではなく、証明しないといけませんからね。辞めちゃったらそこでオシマイ。
#ガリレオの「それでも地球は動いている。」が良い例。

2007.11.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Favorite Music

 

Play

(pop-upで開きます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Asyl

  • Author:Asyl
  • Star Wars: The Old Republic
    やってますよー。
    Swiftsure,Rep側でっす。

    RSS

CalendArchive

ブログ内検索