スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

補償金は作品に上乗せしようよ

ITメディアに私的録音録画小委員会の続報がありました。

「ダウンロード違法化」に反対意見集まるが…… 埋まらぬ「権利者」vs.「ユーザー」の溝

これに先立ってパブリックコメントを送る機会があったので、送ってみました。
(内容は「続きを読む」にあります。長文です)

いくつか思った事。まぁコメントの抜粋にもなっちゃいますけど。

ダウンロード違法化について。

先に違法サイトを閉鎖させなさい。違法サイトがないと違法DL出来ないんですから。
著作権管理団体が違法サイトを取り締まらずに利用者を違法だとか言うなよ。
何甘えた事言ってんだ?

はっきり言いましょう。そんなんだからコピーが横行するんです。
貴方たちが著作権に対して消費者に全然呼びかけ、教育しなかったせいです。
盤面の裏にちょこっと書いてあるだけじゃダメなんすよ。なんで今まで分からなかったんですか?
貴方たちが利権にまみれて金をいかにかき集めるかを考えてる時間を、教育に回しておけばここまで困った事には成らなかったでしょうに。
JASRACの裁判みてると、裁判でガッポリ金儲けするために教育しなかったんじゃねーの?と疑わざるを得ません。

結果、コピーを流行らせたのは、著作権管理団体の責任でもあるのです。

補償金について
前にも書いきましたが、メディアから徴収するのはおかしい。
権利者の利益は守られるかもしれないが、全く関係のない消費者の権利を侵害しています。
これは絶対に変えなければならない。

ではどこにかけるか?答えは「作品そのもの」です。

コピーされるのは「作品(製品も含みます)」なので、作品そのものに「コピーされるだろうから、その為の権利料」という意味で販売と同時に補償金も払わせるのが最もスマートです。
理由はコメントで詳しく書いてあります。とにかくメリットが多いと思うのですが、いかがでしょうかね?
作品の値段が高くなる?まぁしょうがないですよ。
欲しいものは多少高くても買うし、つまらないものは売れなくなる。それだけです。
私はコピーする気ないんだけど?それは権利を持っているのに施行しなかった、というだけです。
後々気が変わっても、気にする事無くコピーできるのです。もちろん配布は家族や友人くらいまでですが。
メディアから徴収するよりは納得いってもらえると思います。

DRMに補償金をかける、に対して。
私は理性も感情も捨て、包丁を持てば人を殺せます。多分ほとんどの方が出来るでしょう。
そうしないのは、それが悪い事であり、リスクが高すぎ、デメリットも多いのを知っているからです。
もし「人を殺せる能力、可能性があるのだから万が一の為に補償金を払え」と言われたらどうしますか?
DRMに補償金を、というのはこういう事を言っているんです。
コピーできる可能性があるから金払え、と。
まぁDRMは世界的に見ても縮小傾向なので、消えてなくなっちゃうかも知れませんが。。。

実はこの問題も、作品に補償金を上乗せする制度だと、とても簡単に設定できると思われます。

でも、こんな案が出てないのは何かおかしい部分があるからかなぁ?議論されててもおかしくないように思えるんだが。。。

てなことで朝からグチグチ言ってみました汗。



委員会の検討結果に対する私の意見は次の通りである。

第7章 検討結果 1,2(P97~P99)
賛成である。
3ーア(P99)
については同意し、尊重すべきであると思う。
3ーイ(P99)
状況の変化に対応する事は尊重すべきであるが、以下の私の(稚拙であるが)
提案に問題がないのならば今の制度を少々変えるだけで
(少なくとも今回は)対応できると思われる。
3ーウ(P99)
同意する。そしてその為の提案を以下に記す。

第5節 私的録音録画補償金制度のあり方について(P126)

まず著作権法第30条-2をここに掲げる。
(著作権情報センター『http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html』より抜粋)
ーーー
2 私的使用を目的として、デジタル方式の録音又は録画の機能を有する機器
(放送の業務のための特別の性能その他の私的使用に通常供されない特別の
性能を有するもの及び録音機能付きの電話機その他の本来の機能に附属する
機能として録音又は録画の機能を有するものを除く。)であつて政令で定めるも
のにより、当該機器によるデジタル方式の録音又は録画の用に供される記録媒
体であつて政令で定めるものに録音又は録画を行う者は、相当な額の補償金を
著作権者に支払わなければならない。
ーーー
ここには「デジタル機器を用いてデジタルコピーを行う者は補償金を払わなければならない」と
書いてあるように思えるのだが、この解釈が合っているのならば、
これは「CD-R等のメディアを購入した者」とも「デジタル機器所有者」とも同義ではないし、
メディアに補償金を上乗せして補償金を徴収すべき、とはどこにも書いていない。

そのメディアについてだが、現在補償金を上乗せされているCD-RやMDメディアは
何も著作物だけしか収録出来ない訳では無い。
あくまで数値化された情報を書き込み、保存するための媒体である。
コンピュータの発達および普及によって、保存するデータは様々である。
特にCD-RやDVD-Rメディアは、上記に加え仕事のバックアップ保存の為や、
会社の記録保持等でも使われている。
そのメディア自体が自分で制作した(著作権管理を委託していない)著作物や
パブリックな著作物を収録する場合も多々ある。
デジタル機器も同じである。(補償金支払いの対象の)著作物だけしか収録出来ない訳では無い。

問題の本質は「私的複製を行っている者から著作者にいかに補償金を支払わせるか」であり、補償金を支払うべきは私的複製をした者以外であってはならない。

にもかかわらず、現在著作権管理団体は上記のメディアについて書いた通り、著作権侵害を全くやっていない人/会社からも、さらには守るべき著作物を生み出す人からも補償金を取っている。
一般消費者は不当に支払わされ、著作権管理団体は不当に利益を得ている事になる。

これは著作権管理団体の信用にも関わる由々しき事であり、著作権云々以前の問題である。

しかし一方で、私的複製の権利と著作権保護のどちらも、ちゃんと守る為に何らかの手段を講じなければならない。
結果、補償金制度を廃止すべきではないが、見直す事は必至である。
少なくとも補償金を徴収する先を変えなければならない。
第30条-2を見ても分かる通り、法律で縛られてないのでメディアや録音/録画機器から徴収する事に
固執する必要はないどころか徴収の対象とするのは間違っている。

2-4.補償措置の方法について(第4節関係)(P123)
ではどこから徴収するか?




著作物を私的複製する事に対しての制度であるので、著作物そのものに補償金を上乗せするのが最適であると考える。




つまりを販売価格に補償金を含める事によって「補償金を払った事により私的複製出来る権利」も
付与して販売(もしくはレンタル)するのである。
(※DRMなどのコピー防止技術が施されている物は上乗せしない)
この考えは以下の例を参照して頂きたい。
ーーー
例えばAさんが買ったCDを友人Bさんに貸したとして、
今まではBさんが、コピーしようとして用意したCD-Rに補償金が掛かっていたが、Aさんが「貸した」からコピー出来た訳で、貸さなかったらそもそもコピー出来ないのである。
次にAさんがコピーしてBさんにあげた場合。
これも同じでAさんがオリジナルを持っていたからこそコピー出来た訳である。
Aさんから借りてコピーしたCDを、BさんがCさんにコピーして渡した(もしくはCさんがコピーした)場合。
これもAさんのオリジナル版があったからこそ出来た事である。
ーーー
つまり私的複製を(子コピーや孫コピーに関わらず)可能にしているのはAさんなのであるが、
「CDそのものに補償金を上乗せして販売した場合」で考えると、
AさんはCDを所有していると同時に「補償金によりコピーする権利」も所有しているのである。
孫コピーについても、不特定のコピー数を推測して算出された補償金額を含めて上乗せすれば良い。
(中間整理レポート前半の統計から推測出来る)
つまり借りた側に補償金を請求するのではなく、貸した側にコピーする権利を与えて販売と同時に補償金を徴収したほうが道理が行くのであり、その論理に問題は無いと思う。
(ここで「コピーを可能にしているのは著作者である」という意見が出そうだが、それを言ってしまうと著作権管理団体が自分の首を締める事になる。著作者が補償金を払うのか?)

要点は「補償金を払った事により私的使用でコピー出来る権利」である。これをちゃんと「権利」として確立すべきである。

そしてこの論理はそのままネット上の問題にも反映出来る。

第2節 著作権法第30条の適用範囲の見直しについて
(2)私的録音録画や契約の実態
a 違法録音録画物や違法サイトからの私的録音録画(P101)
の問題にも絡んでくるのだが、




コピーを可能にしたのはアップロードした者であるので
「ダウンロードした人に罪は無く、私的複製以上に不特定多数がダウンロード出来るようにアップロードした人にのみ罪がある」
となる。



そもそもアップロードされていなければダウンロード出来ないのだ。
「ダウンロードした人を取り締まればダウンロード数が減り、その結果アップロードする人が減る」というのは無駄に長期的であり、全く意味がない。
またダウンロードを違法と見なせば、詐欺などの諸問題が頻発、多岐に渡る可能性がある。

アップロードした人を取り締り、アップロードはリスクが高すぎると認識させ、アップロード行為を諦めるようにすれば良いだけである。
「ダウンロードは違法です」と言いたいのかもしれないが、「アップロードは違法です」と言った方が理にかなっているし、何よりも著作権管理団体のイメージが向上する。
「アップロードは違法です」は著作権を守っているイメージがあり好印象だが、「ダウンロードは違法です」は「アップロードすら取り締まれないくせに何を言うか」と、一般消費者に悪いイメージを植え付ける事になる。

今現在アップロードを厳重に取り締らず放置されている原因は、権利者および著作権管理団体の怠慢であると言わざるを得ない。
本当に守る気があるのなら今以上に取り締まりに全力を挙げるべきではないのか。

さて著作物に補償金をいくら上乗せするかであるが、私はこの方面には疎いので専門家の方が考えればもっと良い案はいくらでも出ると思うが、一つ例を挙げるならば、その著作者の過去の著作物の売り上げおよび私的に複製されたであろう数(つまり人気の度合い)から、新作の複製されるであろう数や確率を想定して算出する等。

例外として、コピー防止プログラム等によりコピー出来ない様に施されている著作物に関しては、補償金を上乗せしない。
コピー出来ないのだから、補償する必要は無い。
ただしオンライン等のデジタルデータ販売ではコピー防止が施され、一般の物理的販売で施されていない場合もあるので、その場合はコピー防止されていない媒体にのみ補償金を上乗せすべきである。

メリットについても記しておく。
著作物そのもの(つまりコピー元)に上乗せする事で売り上げ枚数に完全比例するため、補償金として得た収入が明確になり、販売物ごとに補償金も変動(例えば人気度で調整等)出来るし、権利者に支払われるべき金額が容易に算出でき、支払い方法も非常にスマートになり、運用もスムーズに進行する。
補償金は売り上げに入っているので、著作物の販売業者とレンタル業者から受け取るだけに絞られる。
iPod等の記録媒体への課金問題も議論する必要すら無くなり、記録媒体の値上げも無い。携帯電話についても同様。
メディアや録音/録画機器メーカーとのやり取りも無くなり、各メーカー製品およびメディアも安くなるので一般消費者にも喜ばれる事になり、著作権管理団体への信頼感も高くなる。
つまり、




著作物そのものに補償金を上乗せするだけで
第5節 私的録音録画補償金制度のあり方について(P126)
に書かれている問題点のほぼ全てが解決する。




更に。
現在の返還制度も要らなくなるので、煩雑な業務からも解放される。
契約しているアーティストも売り上げ枚数から補償金を推定出来るので、会計がクリーンになる。
支払いの透明性が高くなるため、新たなアーティストが安心して著作物を預けられる。

その反面、著作物の販売額が若干高くなるが、アーティストにも一般消費者にも、この事をちゃんと伝えれば著作権の重要性を認識して納得してくれる筈である。
それに消費者は少々高くても欲しければ買うし、補償金程度の値上げでもそれほど売り上げには影響しないと思う。
それだけでは無く、アップロードしている違反者を取り締まることによって得た追徴金で穴埋めは
充分可能だと思われるし(実際は難しいのかもしれないが)、その間も一般消費社に対して弛まぬ説得を続ければ、違法な複製は非常に減らせられる代わりに、ちゃんとお金を出して買う人が増えてくるだろう。

著作権を守る重要性を一般消費者にちゃんと教育して行く事は、著作権管理団体の重責であると考えている。
これが正当な方法であろう。

逆に、今のうちに管理している著作物とその支払い等をクリーンにしておかないと、海外の音楽業界で起こっている「アーティストのレーベル離れ」が起こってしまう可能性もある。
(以下を参照)

http://jp.techcrunch.com/archives/nine-inch-nails-help-seal-record-industrys-coffin/
http://jp.techcrunch.com/archives/and-the-walls-came-tumbling-down-madonna-dumps-record-industry/

現在は映像作品も個人でハイクオリティの作品を作れるので、映像の世界でも注意しなければならない。
インディペンデント作品のダウンロード販売も簡単に出来るので、無理に著作権を管理してもらわなくても生活に困らない程度に収入を得ている人たちも既に存在している。

下手すると著作権管理団体そのものが必要で無くなる恐れもある。
その事を忘れないで頂きたい。


2007.11.29 | | Comments(5) | Trackback(0) | 未分類

コメント

「続きを読む」押してびびったw
セキュリティ専門家から見た意見としてこうゆうのもあるみたい
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20071115.html#p01

2007-11-29 木 12:11:40 | URL | Aitealeeso [ 編集]

あう、長文って書いてませんでしたねw。すいません。

リンク先読みましたが、違法化することによる弊害がデータ管理に起こる可能性があるんですね。
ただ、あの管理団体がこの重要性を分かってくれるのか。。。多分わからないと思います。。。
著作権保護が原因で戦争が起こった、なんてバカげた事も起こるかもですね(苦笑

2007-11-29 木 13:37:59 | URL | asyl [ 編集]

結局のところ送り出している側にも「安いから売れている」程度の作品を垂れ流している自覚はあるのでしょうw
正直、多少は高くても仕方が無いか、と思わせる作品のいかに少ないことか。
つまるところ"金儲け第一"以外の何物でもないなと。
団体が食いっぱぐれないようにしているとしか思えない。

2007-11-29 木 18:03:44 | URL | Nono [ 編集]

多分某著作権管理団体は意地でもメディアに補償金を乗せて来るでしょう
だって著作物に補償金上乗せしたって彼らは美味しくないからね

2007-11-29 木 23:32:16 | URL | David [ 編集]

Nonoさん>
 しかも他人が作った著作物を利用して金儲けですよ。文句言われたらたまに仕事するだけって感じですよね。それにしても日本のCD/DVDはなんであんなに高いんでしょうね?CD1枚3000円とかアリエナイ。
 
Daividさん>
 おひさ?w
 うん、何も変えないと思いますw。でもここで食い止めないとPCとかも対象にされちゃいますからね。ちょっとあがいてみようかと。

2007-11-29 木 23:47:55 | URL | asyl [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Favorite Music

 

Play

(pop-upで開きます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Asyl

  • Author:Asyl
  • Star Wars: The Old Republic
    やってますよー。
    Swiftsure,Rep側でっす。

    RSS

CalendArchive

ブログ内検索