スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ムービーつくろう(テクニック編?

あんまり参考にならないかもだけど。。。
まだ海外でSWGを楽しんでいる方もいるので、ムービー撮ってるときに気づいた事を忘れないうちに纏めておこうと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ポインタ(十字もしくは矢印だけですが)を消す方法:
1. ツールバーに何も登録しないか、表情だけのエモート等、動きや画面に影響しないものを登録(右クリックで発動出来る状態)します。
2. 右クリックを「押しっぱなし」にします。

こうすることで自分のキャラの動きにとらわれず、マウスを使って視界だけを動かす事が出来るようになります。
ただし、青い枠やキャラクターにポインタが重なった場合(ポインタは見えないだけで、判定処理はあります)は表示されます。

※これだけで動かなかったらオプションのキー設定あたりの。。。カメラの項のどこか(すまん忘れてる汗)に右クリックを登録させることで右クリック押しっぱなしでカメラを動かせるようになるはずです。そんなことしなくても動くかもしれませんけど、かなり前に設定した記憶があるので一応。。

宇宙の場合は、ジョイパッド等で操作していればマウスを動かすだけでカメラを動かせます。この場合は「カメラのリセット」もキーに割り当てて即座にリセット出来るようにしておいてください。操作がこんがらがります汗。
(マウスでやっている場合はどうするんだろう。。。?)

背の高さを適度に:
キャラクターの視点で撮影している場合、キャラクターの身長で視界が変わります。
背が高いと見下ろすアングルが撮れますが、背が低いとそういう絵を撮る事が出来ません。

膝立て、座る、伏せることでもアングルが変わります。固定カメラならどの体勢でもOKですが、カメラというか自分のキャラを動かす場合はもちろん立っているか伏せる体勢のみです。
また、ペットに乗っても変わります。オススメはラーバフレアのような、体長が短く座る位置が高いヤツです。

余白を充分に:
撮影時、これでOKだと思ってもあと3秒ほど余白をつけておいた方がいいです。
編集時にフェードアウトを施そうとしたとき、この余白がないとフェードアウト処理が出来ない場合があります(少なくともウチのソフトはそうです)。

同じフローリッシュを何回も:
カメラが何台もあればいいのですが、大抵そういうわけにはいかないでしょう。ということで同じフローリッシュをしつこくやってもらってください。
そして色々な角度から撮りましょう。
編集時にタイミングを合わせればカットを変えてもフローリッシュが繋がります(こういうところが編集の面白いとこですよ!)

映したい物は中心に:
撮影の基本ですが、私も素人なので最初知らなかったというか、気をつけてませんでした。。。そしてズレズレな絵ができちゃうと汗。
もちろんわざとずらすというテクニックもありますが、普段は被写体が中心に来ているか意識しておいてください。
でもねえ。。。NGEから自分が画面の中心にいないから、自分を映したい場合はどうしようもないんですよねえ。。。
他の人がいる場合なら、それを踏まえて自分の位置を正面から見て左側になるように位置取りしましょう。

低スペックでの対処法その1:
画質を落とすことは避けられませんが、何を落とすか選択できます。例えば人物を撮るならば見える距離を縮めて背景の処理を軽くし、Lotマネージャのチェックを外してLotのクオリティを出来る限り上げる、
風景なら逆にチェックを入れて風景の画質向上をはかる。また近景なら草木のチェックを入れ、遠景なら外す等々。

その2:
人物主体で人数が多い場合、撮影したい人物の動作が他の人に比べてカクついている場合があります。
これはどうやら描画処理対象が「自分の視界に入ってきた順番」か「Lotマネージャのチェックを外した時に近くにいる順番」で優先処理するみたいで、後に入ってきた人、もしくはLotマネージャのチェックを外した時に遠くにいた人は処理しきれなくてカクつくようです。
こういう場合はLotマネージャのチェックを入れ、再度外すことで直ると思います(そのかわり今の視界の遠くにいる人がカクつきます)。

その3:
影はかなり重い処理なので、こだわらないなら外しましょう。ですが(個人的な意見ですが)影が全くない絵は地面との距離が測れなくなって浮いてるように見える場合があるので、シンプルくらいは入れたほうがいいかも。

私がよく撮影でいじっていた項目は以下の通り:
見える距離(背景があまり必要ないなら距離を短く)
視野(カメラに収まりきらない場合や、広く見せたい場合)
草木(必要ない場合は表示させない)
Lotマネージャ(上記の通り)
パーティクル(エフェクト重視の場合。これの設定で"ダンシングジャワ"からジャワが消えたり。。。)
光彩表現(入れると光がソフトになるが処理が若干重くなる、外すと軽いが反射がきつい)

あと最後にこれ。

FrapsのOn/OFFはしっかり!!
いつのまにか録画開始になってたり、OFFにしたつもりでもちゃんとOFFされていなかったりすると、とっても素敵な容量のムービーが出来上がります。
FrapsのFPS表示は撮影された素材には写らない仕様になっていますので、常に表示させておいたほうがいいです。撮影していないはずなのに赤文字だったら要注意。

こんなところかなぁ。まだ何かあったら書き足します。


2006.03.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | ムービー

コメント

”テクニック編”しっかりと参考にさせていただきました。
やはり一番の問題はポインタですよね。ちょっと油断するとタゲって青枠でちゃうし。
この間の撮影で、構図調整してる時。ついつい間違えてキモジラをクリック。
気持ちよくクローンにいっちゃいました。Asylさんの手法、次回使わせてもらいます。

2006-03-25 土 21:06:49 | URL | momo [ 編集]

?momoさん>
 そうそう、怖いんですよねぇアレ。
 ダソミアの時はめっちゃ慎重になってましたよ。。。
 右クリック、キー設定する必要があったら何に登録したか教えてもらえれば助かりまする。。
 (すいません忘れちゃって汗)

2006-03-26 日 22:09:07 | URL | Asyl [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Favorite Music

 

Play

(pop-upで開きます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Asyl

  • Author:Asyl
  • Star Wars: The Old Republic
    やってますよー。
    Swiftsure,Rep側でっす。

    RSS

CalendArchive

ブログ内検索