スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

中国とレアアース代替技術を共同研究??

レアアース代替素材「中国と共同研究」 経産相 (日経)

大畠章宏経済産業相は16日午前の閣議後記者会見で、「中国とレアアース(希土類)の代替材料やリサイクル技術を共同研究したい」との意向を示した。アジア太平洋経済協力会議(APEC)開催中の13日に張平・中国国家発展改革委員会主任と会談した際に、伝えたことを明らかにした。

 経産相はレアアースの荷動きについて「未確認だが、少し変化が出てきているとの情報もある」と説明。19日には企業に現状の様子を聞いたアンケート結果を発表する。

ーーーー

菅政権になってから尖閣問題、北方領土問題など色々ありましたが、久々に政治ネタです。
さて上の記事、大畠経産相も馬鹿な事を言っているという意見はネットのあちこちで見られますが、ポイントは「中国がレアアースの『代替素材やリサイクル技術』を」って所じゃないかと思います。

ちょっと前に騒がれたので皆さんご存知でしょうが、尖閣問題に絡んで中国がレアアースの輸出制限をしたんじゃないか、っていう報道がありました(中国は否定してますが)。

しかしこのレアアース、日本が加工しないと意味が無いものです。
中国から輸入>日本が精錬、加工>世界に輸出>ケータイや電子機器などに使われる。
っていう図式なんですね。と言う事は、中国はどちらかというと「レアアースの加工技術」を欲しがる筈だし、日本が中国のご機嫌をとるなら加工技術の方がすんなり通ると思います。

しかし提示したのは「代替素材、リサイクル」。これはちょっと???です。

中国は先月まで外交カードにまでなっていたレアアースを売って儲けないんでしょうか?日本以外の国に売るにしても加工が出来ないんじゃあどこも買わないでしょう。

ここで(素人考えですが)一つの仮説が。

中国はもうレアアースを産出出来ないのではないのか?

まぁまだ大畠経産相が言い出したってだけで、中国の反応が出るまではしばらく様子見ですかね。
(自分もまだ何か引っかかってる部分があります)
どちらにしろ、日本の食い扶持である技術開発をやすやすと渡すべきではないでしょう。

2010.11.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 政治/国際

«  | HOME |  »

Favorite Music

 

Play

(pop-upで開きます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

Asyl

  • Author:Asyl
  • Star Wars: The Old Republic
    やってますよー。
    Swiftsure,Rep側でっす。

    RSS

CalendArchive

ブログ内検索